ホーム

1953年(昭和28年)10月、西宮市成人学級オーケストラ科修了者有志十数名にて発足。1960年(昭和35年)6月、40名2管編成の西宮交響楽団として第1回定期演奏会開催。1995年阪神淡路大震災直後は一時活動を自粛。同年12月第69回定期演奏会から活動を再開。2000年ミレニアムイベントとして3月に李庚氏との水墨画コンサート、11月北海道小樽市にて小樽室内管弦楽団とのジョイントコンサートを開催(以降2016年まで4年毎に相互訪問による合同演奏)。2003年12月には江村哲二作曲:創立50周年記念委嘱作品 BLOOM-SPRING for Large Orchestraを初演。2012年10月には第100回記念定期を、2014年5月に創立60周年記念定期を迎えるに至った。年齢・職業が様々に異なるアマチュア演奏家によるフルオーケストラとして熱い演奏を目指している。かつては森正先生のような常任指揮者を置いた時代もあったが、現在では地域を問わず客演指揮者を招聘し、それぞれの先生方が持つ経験や音楽性からの薫陶を受け、自分達にできる音楽の可能性を追及するオーケストラとして研鑚を積んでいる。近年の定期演奏会では将来を嘱望される県立西宮高校音楽科出身者の優秀なソリスト(現在までに9名の方々)との共演を企画するなど西宮のアマチュアオーケストラとしてこれからも地域の音楽文化振興の一端を担うべく、鋭意活動中。主な活動は、年2回の定期演奏会、地域の皆様(西宮市合唱連盟)との3年に一回の第九演奏会、西宮市民音楽祭、兵庫県交響楽祭、市内公民館講座演奏会、全国アマチュアオーケストラフェスティバルへの参加等がある。

■演奏会中止のお知らせ

 6月7日(日)に予定しておりました
「第112回定期演奏会」は誠に残念ながら
中止とさせていただきます。

新型コロナウィルス感染拡大防止に伴う
緊急事態宣言発令対象地域として
兵庫、大阪が含まれ
少なくとも5月上旬まで
演奏会に向けた練習活動は再開が見込めず
十分な準備が出来ません。
また、6月に至ってもお客様が
安全に安心して通常通りにホールにて
ご来聴頂ける見通しも立ちませんので
断腸の思いではございますが
本公演を中止させて頂きます。
 楽しみにしていただいていた皆様には
大変申し訳ありませんが
何卒ご理解賜りますようよろしくお願い致します。

 芸術文化センターチケットオフィス」で
チケットをお求めのお客様には、
4月中に払い戻しをさせていただきました。
「ローソンチケット」のお客様は
個別にご連絡致しました通り
大変お手数ですが5/15(金)までに
払い戻し手続きを必ずお済ませください。

なお、第112回定期演奏会として
予定しておりました、演目
ウォルトン スピットファイア「前奏曲とフーガ」
エルガー  チェロ協奏曲
エルガー  交響曲第1番
につきましては

指揮:佐々木 宏
チェロ:大熊 勇希
にて
2021/10/10(日)に
第115回定期として演奏の予定です。

これからも西宮交響楽団をよろしくお願いいたします。

2020年4月8日 初版ご案内
2020年5月2日 一部改訂



第112回定期演奏会→公演中止 
同演目は第115回定期演奏会(2021/10/10)にて実施予定 
2020年6月7日(日) 
開場 13:15 開演 14:00 
兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホール 
指揮:佐々木 宏  チェロ:大熊 勇希 
●ウォルトン 「スピットファイア」より前奏曲とフーガ 
●エルガー チェロ協奏曲 ホ短調 作品85 
●エルガー 交響曲第1番 変イ長調 作品55